2022年のファースト独服はお気に入りの野点茶碗で加藤美樹さん作)◆

昨日は北野天満宮に少し遅めの初詣に出かけてきました。コロナ禍以降、久々の初詣です。2年間ずっと手元に置いていたねずみ年の天神矢(破魔矢)をやっとお返しして、新しいものを頂いてきました。

北野の梅たちはまだまだ蕾状態。でも1本だけ少し咲いていました。

まるで間違い探しのようですが・・・何かが欠けています。わかるでしょうか?
実は・・・鈴がありません💧 コロナの感染防止対策の一環としてずっと外されているようです。

ところで。トップの独服(・・自主トレ💧)写真のお茶杓は”蟻通し”です。竹が若い時に虫(アリ?)に食われたらこのような穴が開くとか。このような穴あきの茶杓は「秋に合うかなあ」と思っていたのですが、これを作った職人さんから「”見通す”につながり縁起が良いので新年に使うといい」、と教えて頂いたので今回はこちらを使ってみました。
お菓子は北野天満宮で頂いてきた撒饌(おさがり)の紅白梅の落雁です。

・・・縁起担ぎまくりの初・独服になりました💦
2021年はコロナで散々だったけど、今年は良いことがありますように。