ビールの国の空港にて
日本酒の写真が見当たらなかったので・・・  チェコ・ビールの看板写真を。Ruzyně International Airport, Czech Republic )
先週(←まさかの平日・・・💧)、某ホテルで開催された日本酒の愛好会に初参加してきました。コロナ前からK藤先生にお声をかけて頂いて以来、ずっと楽しみにしてたんだけど、コロナのせいでこれまで開催されず(泣)。今回やっと初参加できました。

若い時はかなりアルコールに強かったU田ですが、加齢には抗えず💧・・・チェイサーを飲みながらちびちびと飲み比べしてきました💦

で、今回最もココロ引かれたのが京都の「伊根満開」。古代米の赤米と地元産のお米で仕込んだお酒だそう。紅色の日本酒なんて初めてみました。見た目ロゼ・ワインだけど、味はしっかり日本酒(甘口)。
梅や桜の時期などに、これを使ってカジュアルなお茶の会を開いてみるのも面白いかもしれません。

テーブルでは、長年パリに滞在されていたT井さんとご一緒させていただいたのですが。T井さんから「仏語はイイですよ!」と激推しされたんだけど。実は、U田、仏語とはとっても相性が悪いのです💧

「リエゾン、エリジオンってなんやねん!💢」
「発音しない子音ってなんやんねん!!!!💢💢」
「二十進法って・・・      フランス人、頭、ちょっとおかしくね?!💢💢💢」
そもそもエリック・ロメールの映画って、よくわからんわ・・・・IIIII

・・・・と、理不尽に逆ギレしつつ、これまで3回ほどトライして、3回とも見事に撃沈した仏語学習。

すみません、T井さん・・・ 私が仏語を使える日は多分一生来ないと思いますIIIII。

追記:「伊予満開」、京都の高島屋でしか扱ってない・・・と知り、水墨画のお稽古帰りに寄って、横浜のG原さん宛に発送してもらいました。気に入って頂けますように!