ストンの白鳥
旧ユーゴのクロアチア、ストンで出会った白鳥。Ston, Croatia )

嘘つきアーニャの真っ赤な真実」、読了。先月末、米原万里さんの記事(佐藤優さん、の)を読んだのですが、そういえばこの「アーニャ」はまだ読んでなかった!💦と気づいたので急いで購入、で、読了。

米原さんがプラハのソビエト学校に通っていた時の友人3名のお話ですが。
米原さんが今、この時代にいないことが本当に本当に残念。米原さんだったら、このウクライナ情勢をどのように伝えてくれただろう・・・。
一番必要な人が、一番必要な時にいない・・・  とは(泣)。

見学した、ストンの塩田。ここで作られてるナチュラルな塩も購入できます。

米原万里さんの本で、これまで私が読んたものリストをあげておきます。あまり熱心な読者ではないので、これくらいしか読んでないのですが。

ロシアは今日も荒れ模様
旅行者の朝食
不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か
ガセネッタ&シモネッタ
ヒトのオスは飼わないの?

ところで。この写真を撮ったストン訪問時の話なのですが💧
ストンに向かう途中、ボスニア=ヘルツェゴビナとの国境近くを通ることがあったのですが。

同行してたクロアチア人ガイドさん(女性)が、
ウチらはカソリックであいつらは正教。そもそも仲良くできるわけがない!💢」
と、突然キレ始め、ボスニア=ヘルツェゴビナの悪口オンパレードを展開開始するという事態に・・・💧

ミニバスには10名ほど乗っていたのですが(日本人、ていうかアジア人はウチら2名だけ)、全員ただひたすらガイドさんの説教を傾聴・・・・IIIII

こういう時、黙ってひたすら耐えるのは日本人だけだろうなあー、と思ってたんたけど。
スイス人も英国人もみんな一緒なんだ・・・と知り、なんだかちょっと嬉しかったです・・・・・(遠い目)。

 

6/5追記:ロンブ・カトーさんの「私の外国語学習法」を翻訳されてたのも米原さんでした。
ハンガリー人のロンブ・カトーさんが、日本語も含めていかにして多言語をマスターしたか・・・という本です。デジタル革命以前の語学学習についてのエッセイなので、ネットが普及した現代ではあまり参考にならないかもしれません。