Julia Borissova (自費出版本)
コロナによる自宅待機中の今、一番紹介するのにふさわしいのはスデクさんの「The window of my studio」(ナチス政権下、自宅軟禁中だったスデク氏が自宅の窓から撮影した写真たち)だ、と思うのだけど。
もう既に紹介済みなので・・・今回はこちら、「дом」を選んでみました。домとは、ロシア語で「家」。
テキストと、写真と、凝ったブックデザインで表される、私たちそれぞれの「家」の意味。

ロシア語といえば。学生だった頃、学校で2年ほどロシア語を習ったことがあるのだけど・・・。
覚えてるのはあのアルファベット(キリル文字)と簡単なフレーズくらい。ものすごく苦労したわりには・・・今現在、全く役に立ってません。かろうじて看板が読める程度(O家先生、すみません・・・・泣)。