今日は、ウィーン自然史博物館の「鳥類」展示コーナーの写真など。
「剥製」については賛否両論あると思いますが・・・。
やっぱりとても優美なディスプレイだなあ・・・こういうのは日本にはないよなあ・・・と。

「剥製」といえば。
博物館の階段の踊り場にぽつんとワンコの剥製が置かれていたのですが。(こんなところに。        絵の↑左下のところ。)マリア・テレジアの愛犬の剥製。キャバリアに似てるけどパピヨンだそう。
多分パピヨンの古い種で、現代のパピヨンのような立ち耳ではなくウチのM嬢と同じ垂れ耳。