2019年春はミュンヘン経由でウィーンへ。機内映画に「Der Trafikant」を発見したので迷わずこちらを選んでみました。原作はD.ゼーターラー著のベストセラー、「Der Trafikant」。
去年、英語版の「The Tobacconist」を読んでいたのですが、その後ブルーノ・ガンツをフロイト教授役で映画化されたと聞いていたので一度みてみたいな~と思っていました。(写真は、主人公とフロイト教授)調べてみたら日本語訳本(「キオスク」)もでてるようです。

(ミュンヘン空港にて。ルフトハンザの新旧ロゴ)

イモ国(およびその周辺国)のレストランでよく出てくるイモの付け合わせが苦手なんですが。今回機内食に出てきた、付け合せのイモ↑がちょっと変わった形&食感で気に入ってしまった。

明らかにイモなんだけど、なんか混ぜて成形した感じ。メニューみたら「フィンガリングポテト」というらしいけど・・・   勝手に「謎イモ」と命名。
また食べたいなあ~次回また出してくれないかな~~。
あ、そういえば!ここでも「イモ+いんげん+肉」の原則が〜!(笑)

この機内食、「ドイツ風ラビオリ」はミスチョイスだった・・・ イモ国的イタリア料理かあ~。