旅の準備って、思ってる以上にいろいろストレスフルなのかも。

(今回は2017年夏、スイスのルツェルンで撮った写真を3枚アップ)
来年春の遠征計画がいろいろ決まりつつあります。ホテルは9月に既に予約していたのですが、航空チケットも11月には購入してしまいました。こんなに早く決めたのは初めてかも。ホテルは前回と違うところを選んでみたのですが、海外のレビューしか見当たらなくてちょっと不安なのですが。ちょっとしたギャンブルです。
そして今回も「myホームタウン」中欧です・・・もう冒険する気なんて全くありません。
で、旅といえば。
先週末すんごい恐ろしい夢を見ました・・・。

なぜかフランスのド田舎にいて(←この時点で既に嫌な予感)、フランス語わかんないので必死に英語で話そうとするのだけど私の英語が下手すぎて相手に全く伝わらず(←リアルすぎ泣)。
しかも持参しているガイドブックがなぜかスコットランドのガイドブックで(←はあ?!)。

で、滞在していたホテルがおフランスの老マダム経営の下宿風宿・・・というのはなかなか素敵な設定なんだけど。なぜか荷物は手提げバッグ1個という私としてはありえないほど超軽装だったのですが、そのバッグが某氷上滑走アニメ柄という・・・泣(←罰ゲームなのかコレ・・・)。

さらにスト突入直前の最終便である飛行機の時間まで1時間しかなく、なんとか空港にたどり着こうとしても電車の最寄り駅がどこにあるか全くわからず。で、タクシーを拾ったのですが、クライブ・バーカーもドン引きの超C級ホラー系ヤバい内装のタクシーだったので回れ右して猛ダッシュで逃げるハメになり・・・(←正直よく逃げ切れたと思う。現実の自分だったら絶対に無理だった・・・泣)。
せめてiPadで現在地を確かめようとしても、WiFiレンタルし忘れていて全く使えず(←ココでまさかこんな超リアルな設定が来るとは・・・汗)。

仕方ないので偶然見つけたレストランで食事しようとしてもメニューが読めず、適当に注文したら大皿山盛りのスライス・オニオンが運ばれてきて(←なんやコレ・・・ 泣)。

しかも通貨両替してなかったのでフラン持ってない!(←いや、そこはユーロやろ・・・)

・・・と、ここで目が覚めたのですが。あまりにツッコミ所満載の悪夢にも関わらず基本設定がビミョーにリアルだったため、目覚めた時「今の・・・夢だよね?!ここ、日本だよね?! 間違いないよね???泣」と何度も確認してしまいました。 疲れました・・・・。

なんか・・・私のトラウマが全方向から攻めてくるような悪夢でした(泣)
しかもなぜか右腕を痛めてしまったようで腕が上がらない・・・。 何やってたんだろ、私???

春遠征の準備がいろいろストレスになってるのかもしれません。 これが正夢だったら嫌だなあ。
それでは。今日からしばらく、今年の夏のスイス旅の写真アップしていきます。もちろんその合間に写真集もアップしていきます。

関連記事

return top