チューリヒ美術館展が始まりました。今年のスイス旅ではもちろんこの美術館も訪問してきました。今回滞在したホテル、Helmhausからは歩いていける距離。もちろん一番の目的は今回もアルノルト・ベックリン作品!(しつこくてスミマセン・・・)
(とりあえず、ベックリンを1枚)

館内はノンフラッシュで撮影OKでした。入り口のロダン作「地獄の門」が修復中で見られなかったのですが。スタッフの方に「うわーん、地獄の門が見られへんかった〜泣」って泣きついたら、「ほなコレ代わりに持っていき」と門の写真ポストカード(注:売り物)を恵んで下さいました。
・・・・えっと・・・なんか・・・すみませんでした。
ちなみに。ホテルから美術館まで続く坂道には稀本(レア・ブックス)を扱う古書店が数件並んでいます。